会社案内


経営理念・事業方針

■経営理念

コンサルティングを主軸にお客さまのニーズを満足させることをモットーに、各種IT製品に関する需要と供給の狭間に立ったコーディネート業務に専念し、「お願いして良かったと人に喜ばれる」ことを大切にしています。なによりも社会、組織、そして特に、最小の単位である「人」「利用者のことが考えられる」ことを大切にし、「技術に走らず、利用者を考えよ」を理念としています。


■事業方針

利用者にとってベストな情報技術(IT)を活かし、また、利用者の心の動きを理解し、「人に喜ばれる仕事」としてのコンサルティング&コーディネート事業を展開しています。それに伴っての主な事業収入は、このコンサルティングやコーディネート事業を柱とする知的財産収入を基本としています。
また、これらの事業は、論的な単なる評価や理想を論ずるものではなく、問題解決の実践を最重視した問題解決型のコンサルティング&コーディネートであり、さらに明日のために理論や姿勢を学んでもらうための指導の実施や創造性のある市場開拓及び製品開発を行なっています。特に、コンサルティングの蓄積から得た「商品開発」に力を入れています。
この事業を推進するに当たっての目標とする市場は、特に医療分野であり、さらに、この医療分野で培った技術を他の分野にも還元できるよう努めています。
そのためにも医療の現場から決して目を離すことなく、「人に喜ばれる仕事」を達成させるためにもITのメリットが継承できることに務め、さらなる医療のインフラとなる製品開発を展開していきます。このインフラ商品を開発する上でも、弊社は「百貨店にあらず、ブティック(専門店)をめざす」というスローガンを掲げ、現況起きている医療現場のIT化に欠かせないインフラを研究、探求し、専門店の特異性であるニッチ性を持って、現場に即した商品を世にお届けします。